外国人も国民年金の保険料を払う必要があります

 外国人の方で、国民年金の保険料を払っていない人は結構います。
 支払っていない理由は、いくつかあろうかと思いますが、「ずっと日本に住むかどうかわからないし、途中で帰国したら、返金されないので損するだけだから。」と思っている方も多いです。
 結論から言うと、年金保険料は払うべきです。
 理由はおもに以下の3つです。
 ①保険料納付期間が10年以上あれば、海外にいても、支給開始年齢になれば、年金を受給できます。
 ②保険料納付期間が10年未満で出国した場合でも、保険料納付期間が6か月以上あれば、脱退一時金を受け取ることができます。
 ③日本にずっと在住していて、永住や帰化申請をしたいと思った時に、未納が原因で申請が許可されないことになり得ます。

 年金については、制度が難しくてよくわからないかもしれませんが、だからといって、未加入のままでいることはお勧めしません。
 よくわからない、という方は、ぜひ、当事務所にご相談ください。