出入国在留管理庁情報

出入国在留管理庁からお知らせをお伝えします。

出入国在留管理庁情報
海外ジョブフェア・国内マッチングイベントが開催されます。

 特定技能での就労を希望する外国人と、特定技能外国人の雇用を希望する企業向けのマッチングイベントが、令和4年11月から令和5年2月にかけて、開催されます。 具体的なスケジュールは以下のとおりです。 *海外ジョブフェア(オ […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
日本への上陸拒否指定地域は全て解除になりました。

 これまで新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、一部の国・地域については、日本への上陸を拒否していましたが、令和4年9月4日午前0時(日本時間)をもって、全て解除になりました。 ただし、日本への入国を希望する外 […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
在留資格認定証明書を有効とみなす期間が延長されました。

     これまで新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、日本への入国ができない人に配慮し、「在留資格認定証明書」の有効期間を延長する措置がとられていましたが、更なる延長措置が講じられることになりました。 ■これ […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
 新型コロナウィルス感染症の拡大の影響による帰国困難者に対する在留資格上の特例措置が終了しました。

   新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、特例的に在留が認められていた外国人に対する特例措置について、残りの在留期間に応じて、今回に限り以下の措置が取られることになりました。 「特定活動(6か月)」で在留している方 「 […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
 ウクライナから「短期滞在」の在留資格で、日本に避難してきた人で、引き続き日本での滞在を希望する人については、日本での就労が可能な「特定活動(1年)」へ変更ができます。

   本年2月24日のロシアによるウクライナ侵攻に伴い、日本に避難してきた人については、「短期滞在」の在留資格となっているのがほとんどだと思います。 この「短期滞在」の在留資格では、就労をすることができません。 そのため […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
 4月8日から、日本への上陸拒否地域が56か国・地域に縮小されました。

   水際対策強化に係る新たな措置で、これまで日本への入国拒否をしていた国・地域のうち、106か国・地域については拒否解除となり、残り56か国・地域となりました。 ただし、ビザ免除措置は相変わらず停止されていることから、 […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
外国人向けの「生活・就労ガイドブック」の12言語(※)版」が改訂されました。

 「外国人のための生活・就労ガイドブック」には、日本で生活するために必要な様々な情報が載っています。 言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、ネパール語、タイ語、インドネシア語、ミャン […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
日本に滞在されているウクライナ人の方々が、引き続き日本に滞在できるような措置がとられています。

       ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻に伴い、現在日本に在留しているウクライナ人の方々で、引き続き日本での在留を希望される方については、引き続き滞在を認める措置が取られています。 また、「短期滞在」ビザで日 […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
新型コロナウィルス感染症で困っている人向けの支援策の情報が更新されています。

       具体的には、3月2日に当ホームページで紹介した「在留資格認定証明書の有効期間延長」と「小学校休業等対応支援金」学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなった委託を受けて個人 […]

続きを読む
出入国在留管理庁情報
「家族滞在」で日本に在留し、日本で高等学校卒業した後、引き続き日本で就労する場合、一定の条件を満たす場合、「定住者」又は「特定活動」の在留資格に変更できます。

   家族と共に来日し、「家族滞在」の在留資格で在留していて、日本で高等学校を卒業した後、引き続き日本で就労する場合、一定の条件を満たす場合には、「定住者」又は「特定活動」の在留資格への変更ができます。 ■「定住者」の在 […]

続きを読む