相続・遺言の話

相続・遺言の話
死亡届を提出すると亡くなった人の銀行口座は凍結される?

 人が亡くなると、その死亡の日から7日以内に死亡届を提出する必要があります。 この死亡届を提出すると、亡くなった人の銀行口座が凍結されてしまうと思っている人がいますが、そうではありません。 死亡届を提出しても、役所から銀 […]

続きを読む
相続・遺言の話
失踪宣告とは

 失踪宣告とは、行方不明の者に対して、法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度です。 例えば、家族の誰かが行方不明となり生死もはっきりしない状況が続いている場合、行方不明者の財産等の処分もできず、配偶者がいる場合に […]

続きを読む
相続・遺言の話
相続放棄を考えている場合の注意点

 被相続人が亡くなると、被相続人の財産は相続人に引き継がれることになります。 ただし、被相続人に債務が残っている場合には、財産とともに債務も相続することになります。 したがって、財産よりも債務が多い債務超過であれば、相続 […]

続きを読む
相続・遺言の話
相次相続控除

 父親が亡くなった後、10年以内に母親も亡くなった場合には、相次相続控除が認められ、相続税が軽減されます。 これにより、父親が亡くなった際の相続(一次相続)時に課せられた税額の一定割合相当額が、母親の死亡による相続(二次 […]

続きを読む
相続・遺言の話
「遺留分侵害額請求権」とは

 一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合のことを「遺留分」といい、これは被相続人の遺言によっても奪うことのできない権利です。 民法第1046条〔遺留分侵害額の請求〕に「遺留分権利者及びその承継人は、受遺者又は受贈者 […]

続きを読む
ビザの話
日本に住む外国人の親や配偶者が亡くなった場合の相続放棄

 日本に住んでいる外国人が亡くなり、相続人が相続放棄や限定承認を行う場合も、原則は、被相続人である外国人の本国法によることとされています。 しかしながら、その外国人が亡くなるまで日本に住んでいた場合や、その相続人が日本に […]

続きを読む
ビザの話
外国人が亡くなった場合の相続

 日本の「法の適用に関する通則法」第36条において「相続は、被相続人の本国法による。」と定められています。 したがって、日本に住んでいる外国人が亡くなった場合の相続には、その外国人の本国(国籍を有する国)の法律が適用され […]

続きを読む
相続・遺言の話
「相続放棄」とは

 相続放棄とは、相続人が債務を含めた相続財産の全ての承継を拒否することです。 相続放棄をするためには、相続人が、相続の開始を知った日から3か月以内に家庭裁判所に相続を放棄する旨の申述をする必要があります。 相続放棄は、遺 […]

続きを読む
相続・遺言の話
「成年後見制度」とは

 成年後見制度は、高齢等になりご自身の財産管理や契約等を実施するのに不安があるような場合に、保護・支援してもらえる制度です。 成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度があります。 法定後見の場合、後見人は家庭裁判所が […]

続きを読む
相続・遺言の話
相続手続きを回避するには

 被相続人が亡くなられた後は、遺産相続手続きを経た上で、各相続人が遺産を相続することになります。 しかしながら、高齢のご夫婦2人暮らしといったような場合、残された配偶者に、遺産相続手続きをさせるのは大変なので、何とか簡略 […]

続きを読む