外国人を雇用する場合の留意点

 外国人が日本で就労するためには、就労が認められる在留資格を持っていることが必要です。
 雇用者が、就労が可能な在留資格を持っていない外国人を雇用した場合、不法就労助長罪として3年以下の懲役若しくは3百万円以下の罰金に処せられますので注意が必要です。
 外国人は在留カードを常に携行することが求められていますので、外国人を雇用する場合には、面接時等において直接在留カードを確認することが重要です。